《 ワクワク建築家・牧野直子のアイディア 》

IMAXシアター・ハウス

更新日:

こんにちは、ワクワク建築家の牧野直子です。
私の夫は映画が大好きでよく観るのですが、TV放映専門。
映画館にはほとんど行きません。
でもそんな夫が、伝説のバンドQUEENを題材にした映画『ボヘミアン・ラプソディー』は、
「絶対、映画館に観にいきたい!しかもIMAXがいい!」
と言うんですよ。
これは珍しい!! 
私も、QUEENの映画だったら観てみたいな~と思い、一緒に行くことにしました。

【初体験のIMAX】

実は、私も夫もIMAXは初体験。
その感想はというと、とにかく、その臨場感にビックリしました。
たとえば、主人公が雑踏の中で話しているシーンの場合、主人公の声は大きく聞こえるんだけれども、周辺のざわざわ声が、はじっこのスピーカーから小さく聞こえてくる。
音の聞こえ方が、立体的なんですね。
映画を観ていると、私たちも、不思議とそのシーンの中にいるような錯覚に陥りました。
そして映画の最後の21分間は、伝説の「ライブエイド」のステージを再現したもので、観客数万人を前にした圧巻の映像でした。
撮影はステージからだったり、空中からだったりしているのですが、壁一面の大きな湾曲した画面だから、映像も迫ってくるようで、スケール感がめちゃくちゃすごいのです。
まさにその世界の中に身を投じたような感じでした。

【IMAXシアターは、なぜ臨場感を作るのか】

ところで映画を観ながら私が疑問に思ったのは、「IMAXシアターは、どうやって臨場感を作るんだろう?」ということ。
気になるのでさっそく調べてみました。
IMAXシアターでは、スクリーンが床から天井まで、壁一面にあります。
そして、スクリーンが湾曲している。
スピーカーは、私たちが行ったTOHOシネマズ新宿は、12.1ch、つまり12台スピーカーがあるそうです。
前だけじゃなく、横からも後ろからも、さらには天井からもあるということなんですね。
だから、あんなに臨場感があるわけだ。
そして、スクリーンが内側に湾曲していると、スクリーンのはじっこが自分に近くなりますよね。
もともと大きなスクリーンで大迫力ですが、さらに、端でも真ん中でも、同じ距離で迫ってきている。
そうすると、包み込まれているような感じになり、スクリーンに移る映像が、すぐ目の前で起こっているような錯覚を感じる、というわけ。

【自宅にIMAXシアターは作れるの?】

こんな大迫力のIMAXシアターが、もしも自宅にあったら、ワクワクするんじゃないか?
映画が好きな人にとっては、たまらないはず!
そう思ってさらに調べてみたところ、なんと作れるみたいです。
プライベートシアターというのがありました。
「IMAXプライベートシアター PALAIS」として、個人宅用に販売されているんだって。
お値段は、40万ドル(4100万円)
シート7人掛けで、スクリーンも音響もまさに個人向けIMAXシアター。
内装もいくつかの種類から選べるとのこと。
これは、映画好きにはたまらないですね!
映画好きの方のためのホームシアターといえば、プロジェクターでスクリーンに映して、音響は5.1chサラウンドというものでした。
これでも十分、映画を堪能できるけれど、さらにその上を行きますね。

【IMAXホームシアターの疑問】

でも、ふと疑問。
IMAX専用に編集されたフィルムじゃないと、IMAXの良さが半減してしまうんじゃないだろうか・・・と。
それも調べてみると、
「ホームシアターのスクリーンは、IMAXシアターと同じように床から天井までのサイズ。映画館では基本的に映像の投影しか行いませんが、HDテレビ・Blu-ray・DVD・CD・ゲームなども楽しめるHDメディアシステムとして使用できます」
だそうです。
映画館と同じ新作を観ようと思うと、権利の問題でレンタル費用がかなりかかるそうだけれど、旧作は普通に観られるし、この大迫力画面でテレビゲームまで出来るのならいいですよね。
これはすごいな~。
映画好きさんには、可能性がどんどん広がりますね!
今回は、家が映画館になっちゃうワクワク住宅の構想でした~。

文:牧野直子

  • この記事を書いた人

牧野 直子

一級建築士事務所グラッドデザイン代表 新宿で、デザイン専門の設計事務所を経営。リフォームから新築まで、住宅、保育園、店舗、オフィスなどを手掛けている。自分が楽しいことを仕事に取り入れよう!と、妄想でも実在でも心がワクワクするような建築の提案をするのが好き。 趣味は、バレーボール、お笑い、ダイエット料理。ツイッター、インスタグラムなどSNSでも随時発信中。

-ワクワク建築家

Copyright© ワクワク賃貸®︎ , 2019 All Rights Reserved.