ワクワクわくわく、楽しいコンセプトのある賃貸住宅を紹介するウェブマガジン『ワクワク賃貸®』

ワクワク賃貸®︎

《 ワクワク建築家・牧野直子のアイディア 》

ラジコンカー&ラジコンヘリがめちゃくちゃ楽しくなるワクワク住宅

投稿日:2019年7月11日 更新日:

こんにちは、ワクワク建築家の牧野直子です。

突然ですが、私の夫はクレーンゲームが大好きです。

アニメのフィギュアや、ぬいぐるみ、水筒や時計やブランケットといった日用品まで、さまざまなものを取ってきてくれます。

おかげで、狭い我が家に置いておく場所がなくて困ってるんですけどね。
景品に興味があるというよりは、クレーンゲームで景品をゲットすることが楽しいようで、フィギュアなどは未開封のまま、たくさん並んでいます。         

そんな景品たちは、どうしているかというと、小学生の子どもたちが、問題集を終わらせたら、その中で何か好きなものをあげる、というシステムにしています。

労働と報酬のような関係でしょうか(笑) 

【ラジコンカー&ラジコンヘリが大好き】

そんな父から息子がもらったものの中に、ラジコンカーとラジコンヘリがありました。
息子は特にそれがお気に入りで、よく遊んでいます。    

我が家には息子のお友だちもたまに遊びに来ますが、みんなそろって順番待ち状態です。人気なんですよね。

けれど、最初は、車やヘリコプターが動くだけで面白いのですが、操作を覚えてくると、それだけじゃつまらないみたい。        

それに普通のリビングでは、テーブルや椅子があったり、カーペットがあったりで、動かしたいように動かせない。
それに私からはすぐ「ラジコンを壁にぶつけないで!」って叱られるしね。

ラジコンヘリだともっと大変です。        
家の中だと天井は低いし、飛ばす場所もないし。。。

【ラジコン&ラジコンヘリが楽しくなるワクワク住宅の条件】

ということで、今回は、ラジコン&ラジコンヘリが楽しくなるワクワク住宅を考えたいと思います。
つまり、子どもたちがワクワクできるような楽しいラジコンコースを家に作っちゃおうということですね。        

まずは、条件整理です。         

ラジコンヘリも出来るようにと考えると、外の方が気持ちがよさそうです。友だちを呼んで、レースなんかしらたら楽しそう!

たくさん友だちを呼ぶことを想定すると、遊び場はある程度広くして、部屋からは独立していた方がよい。         

そして、これも条件に付け加えたいのですが、遊び場は、キッチンから連続している方が都合がいい。
「おやつだよ~!」って言って声をかけたら、すぐ休憩できるからです。

母親の立場だと、遊んでいるのが何も見えないのは不安だし、わざわざ見に行くのも面倒なので、何となくつながっている方がいいんですよね。   

【私が考えたラジコン&ラジコンヘリが楽しくなるワクワク住宅】

では具体的に考えていきましょう。

条件を整理していて一番いいと思ったのが、「キッチンから連続したバルコニーにラジコンコースを作る」ということ。

このバルコニーを、子どもたちがワクワク楽しめるような空間にしていきます。

一人だけじゃなく、友だちたくさんで遊べる広々コースです。         

まずは、車のコースだけじゃなくて、ヘリもあるので、道路だけじゃなく、周りの景色もこだわります。作り込みが大切ですね!

バルコニーに出るドアの庇の上がヘリポートです。ちゃんと「H」のマークも入れますよ。

左に向かえば山。右に向かえば都会。どちらに行こうか楽しくなりますね。ストーリーを作ると楽しくなります。ヘリポートから出発して、山頂、都会までと、遊覧飛行できます。

ラジコンヘリを間違えて操作して、外に落ちちゃうとまずいので、バルコニーの壁はちょっと高めにしました。

でも、それだと閉塞的になるから、一方は木目ルーバーで外が見える仕様にしてみました。
ルーバーの間が、雲になっていて、雲の上にも飛行機で行けたら楽しいかな。

一方、ラジコンカーコースのほうは、小さい曲線コース、大きな周回コースと作ってみました。
大きな周回コースの一部は高くなっていて、その下は、ラジコンの駐車場。車庫入れの練習にもなりますね。

そうそう、意外と車庫入れも楽しいようです。また、遊ばない時は、ここにラジコンカーをしまっておけますよね。

都会のビル群は、実は収納になっていて、その中にも、必要なものを収納することができます。
そして、キッチン&ダイニングと連結しているから、お母さんに「おやつですよ~」って言われたら、すぐにおやつを食べに行けます。

こんなコースがあったら、子どもだけじゃなく、大人も楽しめそう!   
童心に帰れて楽しそうです~。 

お父さんがジオラマ作りにはまっちゃったり、ドローンで撮影したり。どんどん街が本格的になっていったりして(笑)
そうなったら、家族全員で楽しめそうですね!

ラジコン&ラジコンヘリが楽しくなるワクワク住宅、いかがでしたか?
こんな家があったら、子どもたちが車好きになってしまうに違いないです!

 

文・イラスト:牧野直子

 

  • この記事を書いた人

牧野 直子

一級建築士事務所グラッドデザイン代表 新宿で、デザイン専門の設計事務所を経営。リフォームから新築まで、住宅、保育園、店舗、オフィスなどを手掛けている。自分が楽しいことを仕事に取り入れよう!と、妄想でも実在でも心がワクワクするような建築の提案をするのが好き。 趣味は、バレーボール、お笑い、ダイエット料理。ツイッター、インスタグラムなどSNSでも随時発信中。

-ワクワク建築家

Copyright© ワクワク賃貸®︎ , 2019 All Rights Reserved.