ワクワクわくわく、楽しいコンセプトのある賃貸住宅を紹介するウェブマガジン『ワクワク賃貸®』

ワクワク賃貸®︎

《 ワクワク建築家・牧野直子のアイディア 》

室内で野菜を育てられるワクワク住宅

投稿日:2019年8月8日 更新日:

こんにちは、ワクワク建築家の牧野直子です。

「ワクワク賃貸®」では、読者の方から「こんな賃貸住宅があったらいいな」というアイディアを常時受け付けておられますが、先日、Pさんという読者の方からこんなメッセージが届いたそうです。

《Pさんからのメッセージ》


床にある程度広いくぼみがあり、土を入れて排水もできて、普通にトマトやイチゴなどを育てられる部屋があったらいいなと思います。畑を作る部屋は室内。床の一部が畑のようなイメージです。虫が湧いたらちょっと嫌ですが(笑)

このアイディアについて、編集部から私に検証してほしいという依頼をいただきました。

とても面白そうなので、さっそく考えてみたいと思います。

【家庭菜園が出来る部屋を考えてみよう!】

Pさんは部屋の中で、トマトやイチゴなどを育ててみたいということですよね。

こうした場合、リクエストしてくださった方が何を一番したいのか考えるのが大切です。

私は「手軽に野菜を育てたい。でも、土が舞って掃除したり、虫がつくのはイヤ!」ということかなと思いました。

それでしたら、「水耕栽培キット」を部屋に置くというのが、ひとつの方法です。

【水耕栽培キットを使ってみる】

水耕栽培なので、土を使いませんから、虫もつきにくいです。

インテリアとしてもキレイ。

キッチンにちょっと置いておける程度のものなら、5,000円ぐらいからあるようです。

もうちょっと本格的に、本棚サイズのものであれば、15万円程度で買えるみたいで、サニーレタス、リーフレタス、バジル、パクチー、ルッコラ、ケール、クレソンなど葉物野菜を育てられるとのことです。

【もうちょっと本格的な家庭菜園を室内で】

でもPさんのメッセージには、トマトやイチゴなどとありますよね。
水耕栽培は葉物野菜が中心なので、それではダメなのかもしれません。

本格的な屋外で作る家庭菜園をイメージされているのでしょうか。
そうすると、虫はある程度、想定してもらったほうが・・(笑)。

であれば、こういうのはどうでしょうか?

家庭菜園ができる場所と、生活エリアはつながっているけれども、扉で仕切れるようにする。

植物を育てやすい外部、手軽さの内部。それを両方兼ね合わせる外部であり内部のような場所を作る、ということです。

それを実現してくれるのは、サンルームです!

ということで、私はサンルーム付きの部屋を提案してみたいと思います。

【外部でもあり内部でもあるサンルーム】

サンルーム内は、ベランダのように排水設備も整えるて、水を与えられるように、中に給水設備も作ります。
屋根と壁はガラスになっていて、太陽光をたくさん浴びることができる。
ただし、ガラス窓は開閉できるようにして、風通しもできるように。

またガラスの屋根だと、天気がいい日は暑くなるので、開閉できる日除けもあった方がいいですよね。

せっかく室内なのだから、室温も調整できるようにエアコンもつけるといですよね。

床に広いくぼみを作るとありますが、サンルーム内の床はすべて防水仕様にしてしまえばいいと思います。

もし賃貸マンションにする場合だと、広いくぼみを作ってしまうと、下の階の部屋の自由が少なくなってしまいますので。

家庭菜園の部分と、アウトドアリビングのように過ごせる部分をエリアで分けると、とても素敵な部屋になると思います!

【好きな種類の果物や野菜を育てられる】

ベランダでガーデニングをする延長で、家庭菜園を作る方がいらっしゃいますよね。
それと、サンルームの家庭菜園とは、どう変わってくるでしょうか。

私の知り合いの農家さんの話をします。
その方は、無農薬野菜を育てられているのですが、台風の時、暴風雨の時、雪が積もってしまった時など、いつもその予防や処理で大変そうです。

その点、サンルームだと、雨や雪などの心配をする必要がありません。
ビニールハウスよりも丈夫ですしね。

そしてサンルームで空調もつけると、強風や温度も気にしないでいいので、寒さに弱い植物でも育てることができます。
葉物野菜だけじゃなくて、いろいろな種類の野菜や果物を作れるということです。

それこそ、イチゴもトマトもOK。

イタリアンが好きだったら、バジルやハーブもいいですね。
新鮮なバジルでジェノベーゼを作ったり、ハーブのモヒートは最高です!

あまりスーパーでは出回らないおしゃれな野菜を作るのも良さそう。

ぷちぷち食感のアイスプラントやルッコラ、花ズッキーニ、アーティチョーク、スイスチャードなども面白い。

プランターも使えば、ブルーベリーやいちじくなども育てられるようです。

【サンルームはいろいろ使える!】

サンルームは、家庭菜園をするのにとてもいいですが、それだけじゃなくて、いろいろな使い方ができます。
だから、サンルーム付きの賃貸マンションを企画しても、普通に面白いと思います!

サンルーム全体に防水を施しているので、お子さんがいる方は、大きめのプールを置くのもありです。

アウトドアリビングとして、全天候型でゆっくり体を伸ばすこともできます。

物干しスペースとしても最高ですね。
突然雨が降ってきても、急いで取り込む必要がない。
梅雨の時期や台風でも、気にすることなく干せますよね。
花粉症で悩んでいる方も安心して干すことができます。

【家庭菜園のできるワクワク住宅】

家庭菜園のできるワクワク住宅いかがでしたでしょうか。サンルーム付きの賃貸マンションとして、企画しても、いろいろな使い方ができるので、喜ぶ方が多いと思います!

 

文・イラスト:牧野直子

 

  • この記事を書いた人

牧野 直子

一級建築士事務所グラッドデザイン代表 新宿で、デザイン専門の設計事務所を経営。リフォームから新築まで、住宅、保育園、店舗、オフィスなどを手掛けている。自分が楽しいことを仕事に取り入れよう!と、妄想でも実在でも心がワクワクするような建築の提案をするのが好き。 趣味は、バレーボール、お笑い、ダイエット料理。ツイッター、インスタグラムなどSNSでも随時発信中。

-ワクワク建築家

Copyright© ワクワク賃貸®︎ , 2019 All Rights Reserved.