ワクワク賃貸®︎

ワクワクわくわく、楽しいコンセプトのある賃貸住宅を紹介するウェブマガジン『ワクワク賃貸®』

《 ワクワク賃貸物件集 》Vol.030

フリールーム、中庭、屋上菜園など共有のコミュニティースペースを自由に活用できる賃貸マンション~単身世帯&ファミリー世帯がともに楽しく暮らす共同体づくりへの挑戦

投稿日:2020年5月21日 更新日:

同じマンションの住民は、皆、暮らしを共にする仲間。そう思えたなら、日々はどれだけ楽しくて、災害などの緊急時にはどれだけ心強いことでしょう。

そんな理想を賃貸で叶えてくれそうなのが、今回ご紹介する「ワク賃030」。
単身者、ファミリーそれぞれの世帯が生活しやすい間取りが用意され、さまざまな世代の人たちが充実した共用部を活用してゆるやかにつながり、暮らしを楽しみながら支え合う。そんな心地よい関係づくりを目指しているマンションです。
さっそく紹介を始めましょう。

まずは屋上のある4階からスタート。
建物は中庭を囲むようなロの字型。オートロックのエントランス内ですし、外部からの視線はほとんど届かずプライバシーが確保されていますので、お子さんを安心して遊ばせることができそうです。
現在、芝生は養生中なのですが、しっかり根付いたら青々とした綺麗な姿を見せてくれるのでしょう♪

4階には住戸もありますが、こちらの写真にご注目!

何と屋上には家庭菜園区画が6つ用意されています。
住人が共同利用する場合は無料ですが、1世帯のみでの占用も1区画あたり年額3万円(税別)で可能です。
お好きな種や苗を購入して植えるところから、日々お世話をして収穫するところまで、間近で体験することができます。お子さんの食育にもピッタリ!

そしてその奥には……?

バーベキューゾーンがあります!
住人は無料で利用でき、器具や食材をご用意いただければ気軽にバーベキューを楽しめます(炭火は禁止)。
しかもこちらのスペースには折り畳み式の屋根も付いているので、お天気がイマイチな日でも予定を中止することなく楽しめます◎

水道やコンセントも完備されているから、使った器具や食器も、ここで洗ってから持ち帰れるのでラクラク。作業台として使えそうなスペースも確保してあって◎ です。
トマトや枝豆、オクラなどを屋上菜園で育てて、採りたての野菜を食べるバーベキューパーティなんて開催できたら最高だなぁ~♡
住人同士のご利用はもちろん、お友達を誘ってのご利用も可能だということです。

屋上の興奮冷めやらぬまま、1階に降りてきました。
中庭はお子さんが三輪車やボールで遊んだり、お天気の日にシートを敷いて読書をしたりと、日常的に使っていただけるのはもちろん、地域の方に向けて開催するイベントも実施可能。
夏は流しそうめんや花火、冬はお餅つき、休日の朝ヨガ……ちょっと大がかりなものだとマルシェを企画するのも楽しそう!
何せ住人のコミュニケーションを大事にしているマンションですから、こういったイベントごとがお好きな方にはピッタリかと♪

敷地内は緑豊かで、藤棚まであります! 毎年春には綺麗に垂れ下がる藤の花を愛でることができそう♪
この藤棚に面しているスペースは「COMMUNE STUDIO(コミューンスタジオ)」。屋内の多目的スペースなのですが、中に入る前に少し視線を下に向けると……?

かわいらしい多肉植物やハーブがぎゅうぎゅうに寄せ植えられた花壇が♡  あえてお花ではない、というところが新鮮ですね。

「COMMUNE STUDIO」には壁一面の鏡や本棚、ピアノが備わっていて、住居部分よりも防音性の高い仕様となっています。
平日9:00~17:00はオープンになっていて、イベントなどの催し物や予約が入っていない限りは自由に出入りが可能。
学校から帰ってきたお子さんが夕食の時間までの時間を過ごしたり、雨の日の遊び場にしたり、いろいろなシーンでお世話になりそうです。
ちなみに、時間外も住戸の鍵で開錠が可能なので、常識の範囲内で活用しちゃいましょう◎

また、こちらでは簡易的な音楽演奏やダンス、ヨガ、映画鑑賞などのイベントを開催することも可能で、住人に限らず、外部の方を招くこともできます。
「参加費を設定してレッスンをする」というような商業的な活動の場としてはお使いいただけませんが、ママ友とのクリスマス会やお子さんの合同誕生日会など、個人的なご利用もできるとのこと。
鏡になっている扉の奥には、30脚ほどの椅子も用意があります。

本棚には絵本やマンガ、専門書などさまざまな本が揃っています。
マンション内に図書スペースがあるってなんかイイ!  ペンションに泊まりに来たみたいでワクワクしちゃう♪  セカンドリビングのように伸び伸びとお使いください。

開放的な中庭に、多目的に使える「COMMUNE STUDIO」。 これらを使ってどんなイベントを繰り広げるかは住人の皆さん次第!
「中庭にスクリーンを設置して映画鑑賞会をやりたい」とか、「毎月第1日曜日はここでマルシェを開催したい」とか、「やりたいことは住人主導でつくり出していただく」というのがオーナーの考え方なので、イベントや企画好きな方は存分に力を発揮してください!

とはいってもなかなか……と一歩踏み出しにくいときや、自分たちだけでは心配な方は、心強い味方「コミューン・パートナー」にご相談を。
「コミューン・パートナー」は掃除や受付だけをする管理人とは違い、コミュニティマネージャーとして住人の皆さんをつなげる役目をもっています。
平日9:00~17:00に、エントランス横の管理室に在中していますので、共用スペースでやりたいことや、このマンションでの日々の暮らしで困っていること、わからないことなどを気軽に相談できます。

管理室の横には宅配ボックスが備わっています。オートロックも完備していますので安心して暮らせそうですね。

ゴミ置き場もとても清潔に保たれていました。生ごみは回収日の朝に出すのが望ましいですが、それ以外のゴミは基本的に24時間出すことができます。朝、時間のない方はとっても助かりますね◎

まだまだあります、充実の共用部。こちらは貸しロッカー。先着順ですが、月額5,000~6,000円(税別)でご利用いただけます(サイズにより利用料が異なります)。天井が高いので、棚を置けばかなりの収納量に。キャンプなどのアウトドアグッズやスーツケース、車や自転車の修理道具などをしまうのに便利そうですね。

また、1階には共用トイレも備わっています。 中はバリアフリーでとても広いから、お体に障がいがある方も安心してイベントに参加できますね◎

一度オートロックの外に出てみましょう。
こちらも住人が使えるスペースで、今後、テーブルや椅子などを置く予定。
左側にはNPO法人「クッキープロジェクト」が手掛けるカフェがあるので、テイクアウトしてゆったり寛ぐことができそうです。
開閉式の屋根が備わっているので、雨の日でも活用できるとのこと◎

1階部分には、SOHO専用住戸が並びます。玄関扉は中庭に面したオートロックエリア内にありますが、公道に面した部分はSOHOスペースの出入り口があります。SOHO専用住戸については、またのちほど詳しくご紹介しますね。

共用部の締めの1枚は夜の中庭。右側にチラっと見えるのはシンボルツリーで、冬になるとライトアップがされるのだそう♡
「ライバルは分譲マンション」と話すオーナーさんの言葉通り、分譲マンションに負けない設備やデザイン、サービスを兼ね備えたマンションです。

さて、共用部でもうお腹いっぱいという感じかもしれませんが、住戸内も魅力がたっぷり!
こちらのマンションの全住戸の設計と内装は、人気の空間デザイナー・坂田夏水さんが監修されています。
さらにマンションの魅力づくりやその情報発信、コミュニティ形成など、ハッキリと目には見えない “暮らし” の部分は「まめくらし」がプロデュースしました。
両社のコラボで生まれたこの場所ですから、こんなに魅力的なのもうなずけますね。

では、住戸にお邪魔してみましょう!

間取りは7タイプあるのですが、今回は3タイプをご紹介します。まずはファミリー世帯向けの2LDKから。

こちらは土間からLDKにかけてのつながりが魅力的な間取りです。こんな開放感抜群の玄関土間、賃貸でなかなか見かけないですよね。
ベビーカーや車椅子をそのまま入れられるし、置きっぱなしにしても問題ない広さが確保されています。観葉植物をたっぷり置くのもよさそうですね♪

収納力豊富な靴箱もファミリー世帯にとっては強い味方。余った空間には公園グッズや日用品ストックなどを収納しても◎  宅配便の受け取り時などにLDKが丸見えになってしまうのが気になる方は、目隠しとなるパーティションを置くといいかもしれません。

こちらは東向き住戸なのですが、西向きの土間からもしっかり光が入るのでLDKはとっても明るい空間に。風も吹き抜けて気持ちよさそうです。
そして土間の横にあるネイビーの引き戸……実は奥にチラリと見えているキッチンに直接つながっているのです!
両手いっぱいの荷物を抱えて買い物から帰ってきても、靴を履いたままキッチンに荷物を置けて便利そう。生活感が出がちなキッチンをゆるく隠しながら、回遊性や利便性はしっかり確保されていて◎

キッチンは幅広で、作業スペースや食器棚を置くスペースもしっかり確保されています。

キッチンの前からリビングダイニングを見てみると、その一角に小さなスペースが・・・。

こちらは引き戸2枚で仕切られたコンパクトな洋室となっています。引き戸を開放すればリビングの一部として活用できますね。
お子さんが小さいご家族は、ここをプレイスペースにし、成長したら引き戸を閉めて、子ども部屋として使うなど、アレンジもしやすそう。

壁にパネルが貼ってあるのですが、こちらのマンションは全住戸DIYが可能。ご自身で壁紙を貼ったり、棚を取り付けたりが可能なので、DIYをご希望の方はコミューン・パートナーに相談のうえチャレンジしてみてください◎

続いて専用庭に出てみると、このワイドな景色が広がります。ここも共用部の中庭同様、芝生は養生中。青々とした景色が広がるのをお待ちください♪  とっても広いので、お子さんがちょっと遊ぶには十分。賃貸でこのお庭、うらやましい……♡

こちらは主寝室によさそうな洋室です。お庭に面していてとっても明るい!  アクセントクロスが主張しすぎず空間のスパイスになっていて素敵です。

洋室を出て、さらに進んだ突き当たりはトイレです。

そしてその隣にはバスルームがあります。淡いブルーのパネルが爽やか♪

バスルームを出ると、おっと! ホテルのパウダールームかのような空間が広がっていました。洗面台のカウンター部分はお化粧スペースにピッタリ♡
カウンター正面の室内窓の向こう側はLDKで、奥まった位置ではありますが閉塞感はゼロ。なにかとコンパクトにしがちな水回りをあえてこの広さにすることで、ゴージャス感がぐっとアップしています。

次は1Rの住戸を見てみましょう。

玄関ホールの扉を開けると、カラフルなタイル調のパネルがアクセントになっているキッチンが目に入ってきました。
壁付けなのでスペースが広く感じられますね。
冷蔵庫や家電棚はダイニングスペースのほうに置くことになりそうです。

窓が大きくて解放感たっぷり!  ベッドのほかに家具を置くとしたら、このディスプレイのようにダイニングセットを置くか、もしくはソファとラグか……ライフスタイルに合わせてご検討を!

居室には大きな収納があるので、スッキリ暮らしやすそう♪
ゆったりとひとりで暮らすのもいいし、ふたり暮らしでも十分な広さです。
また、キッチン横の壁はDIYが可能。このままでも十分素敵な空間ですが、お好みにアレンジして自分だけの空間を自作すると、さらに愛着が湧くことでしょう♡

洗面脱衣所はコラベルタイル風のクッションフロア。真っ白な空間は味気ない! という方にこういうデザインはたまらないですね♡

最後にSOHO専用住戸を見てみましょう!

SOHO専用住戸はすべて1階。玄関を入るとベッドルーム! という大胆な間取りです。ストライプのアクセントクロスがおしゃれ♡

収納は奥行きたっぷりの大容量!  玄関横にあるのでシューズボックスとして利用するのはもちろん、日用品ストックやお掃除グッズ、または季節家電などをしまうのにもピッタリです。ハンガーラックが備わっていないので、洋服の収納は置き家具を活用することになるかも。

手前にはキッチンがあります。ここは潔く一口ガスコンロ。背面には冷蔵庫と洗濯機の置き場があります。

キッチンからさらに進むと、土間スペースが広がります。

先ほど道路側からもチェックしましたが、SOHOスペースは窓がいっぱいで外に開かれています。
不特定多数の方が出入りするのはNGですが、ネイルサロンや士業の方の事務所、クリエイターのアトリエなどにご利用いただけます。
土間仕様なので、土足のままでもOKですよ。

SOHO住宅は暮らしの場でもあるので、水回りのレベルは落としていません。
職住一体の暮らしを望まれる方にはピッタリなのではないでしょうか。

見所満載すぎて、ボリュームたっぷりでお届けしてきましたが、そんな「ワク賃030」があるのは、埼玉県さいたま市。JR京浜東北線「北浦和」駅から徒歩10分の立地です。
上野・東京・浜松町などへ乗り換えなしでアクセスできますし、3駅お隣りは「大宮」駅なので、新幹線利用にも便利です。

駅からの道のりは賑やかな商店街をひたすらまっすぐ。食材や日用品など、日々の暮らしを支えてくれる「イオン 北浦和店」にぶつかったらすぐそこに「ワク賃030」があります。便利なスーパーと個性ある商店街。毎日お買い物するのがとても楽しそう♪

また、こちらのマンションは「さいたま市立常盤小学校」や「さいたま市立常盤中学校」が指定学区。どちらもレベルが高いと評判の学校です。その後「埼玉県立浦和高等学校」⇒「東京大学」というのが、埼玉県では黄金の進学コース。子どもの教育環境を考えてわざわざこのエリアに引っ越してくるご家族もいるのだそう。
駅前には迫力ある水景と四季の移ろいを感じる自然が魅力の「北浦和公園」、そしてその敷地内には「埼玉県立近代美術館」もあり、子育て&教育環境としては抜群です◎

プライベートスペースで個々の生活を楽しむだけでなく、コミュニティも大いに楽しむ。街ともつながり、この土地になじんでいく。家族構成やお仕事、ライフスタイルは違っていても、そんな共通の想いを持った人たちが集まることで得るものあり、刺激も生まれるのでしょう。
「ワク賃030」のオーナーはこのコンセプトを理解してくれる人に入ってきてほしいと話します。「仲間に入りたい!」という方は、当ウェブサイトの「空き待ち登録」を。
入居前にここでのイベントに参加したり、街歩きを楽しんでみたりして、「ワク賃030」での暮らしを事前に体感してみてもいいかもしれません♪

 

物件情報

  • 物件コード:ワク賃030
  • 住   所:埼玉県さいたま市浦和区常盤10丁目
  • 構   造:鉄筋コンクリート造 地上4階建
  • 築 年 月:2020年1月
  • 専有面積・間取り:1Rタイプ=26.12㎡&28.12㎡ 2LDKタイプ=55.08㎡&56.69㎡ SOHOタイプ=29.99㎡ ※ほかにも1DK、1LDK+Sなどのタイプがあります。
  • 共 用 部 分:フリールーム、中庭、屋上菜園、屋上バーベキュースペース、多機能トイレ、ゴミ集積所、トランクルーム、オートロック、メールボックス、宅配ボックス、防犯カメラ、エレベータ、駐輪場、駐車場(月額16,500円/空き要確認)、CATV
  • 専有部設備:Wロックシステム/ キッチン/ エアコン/ シャワートイレ/ バスルーム / 室内洗濯機置場 / 独立洗面台/ クローゼット / TVモニタホン / バルコニー又は専用庭

募集条件

  • 賃料:1Rタイプ=8万円台 2LDKタイプ=15~16万円台 SOHOタイプ=9万円台後半 ※他のタイプはお問合せください。
  • 共益費:10,000円
  • 敷金:1ヵ月
  • 礼金:なし
  • 契約期間:2年
  • 更新料:なし
  • 火災保険:加入必須
  • 保証会社利用:必須
  • 解約予告:1ヵ月前
  • ペット飼育:応相談
  • 「空室が出たら連絡がほしい!」という方は
    「お問合せ」ページを利用してご登録ください。
    空室が出た場合と、類似のワクワク賃貸®物件ができたときのみ、ご連絡いたします。

文:シマムラアサミ

  • この記事を書いた人

シマムラアサミ

リノベーション住宅、暮らし、沖縄をメインテーマに活動するフリーライター。雑誌やWEBサイト中心に、インタビュー取材・撮影・執筆のために日々都内を駆け巡る。沖縄好きが高じて2017年3月にはダイヤモンド・ビッグ社から「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」を出版。一方で、食の分野でも活躍。過去には自宅にて子連れ限定パン教室を主宰し、現在はフードコーディネーターとして企業や自治体、飲食店のレシピ開発を行う。

-ワクワク賃貸物件集

Copyright© ワクワク賃貸®︎ , 2020 All Rights Reserved.