本日の特選記事

本日の特選記事 世界のワクワク住宅

2019/1/24

350万個のレゴブロックを2000人の手で組み立てた家<レゴハウス> 〜サリー州(イングランド)〜

イギリス・サリー州にある国内最大のワイナリー、デンビーズ・ワイン・エステート。2009年夏、緑生い茂るこの敷地の一角にひときわ目を引くカラフルな二階建ての家がお目見えした。 外壁は、赤、黄、黒、青、白の横縞模様。太陽の光を受けると、艶のある質感。でもよく見ると、無数の細かい繋ぎ目がある。これってもしかして? そう。答えは、レゴブロック。なんとこの家、350万個のレゴを組み合わせたものなのだ。 説明するまでもないが、レゴとはプラスチック製ブロック。上部についた突起(スタッド)と下部の空洞が結合することで、組 ...

ReadMore

新着記事・毎週木曜日配信中

アトリエ賃貸推進プロジェクト

2022/9/29

武蔵通商株式会社(東京都武蔵村山市)の美術品専用倉庫を訪問取材!~アトリエ賃貸の保管スペースについて考える

作品保管スペースの重要性 2021年3月に「アトリエ賃貸推進プロジェクト」を開始して以来、美術作家さんのアトリエや“ものづくり”を生業としている方たちのシェア工房、武蔵野美術大学の学生さんが使っているアトリエなど、多くの制作現場を訪ね、制作スペースに必要なものが何かということを学んでまいりました。 取材にご協力くださった方々のおかげで、多くの気付きを得てまいりましたが、プロジェクト開始前と今とで認識が大きく異なる点の筆頭は「保管スペースの重要性」です。 作家さんたちには「そんなことも知らなかったの?」と呆 ...

ReadMore

ワクワク賃貸妄想中

ユーザーの声を聴く

編集長コラム「ワクワク賃貸妄想中」Vol.036では、エッジの効いたコンセプトのある賃貸住宅をつくる際、そのコンセプトを求めておられるだろうユーザーさんの声を聴く大切さについて考えていることをお伝えしました。声を聴かせていただきやすい仕組みづくりも検討しています。是非ご一読ください。

菓子製造許可が取れる賃貸住宅

“低コスト&一人でもできるお菓子屋さんをつくりたい!”という方をサポートするシェアキッチン=「夢見キッチン」代表の山本蓮理さんに訊く~「菓子製造業の営業許可を取得して自分だけの工房を作る講座」も開催中!

「菓子製造許可が取れる賃貸住宅」Vol.003では、シェアキッチンを運営しつつ、自分ひとりの菓子工房をつくりたい方をサポートしている「夢見キッチン」の山本蓮理さんへのインタビュー記事を掲載しました。 山本さんご自身が菓子工房をさがしたときの体験や、現在のサポート活動を詳しくご紹介しています。是非ご一読ください。

ワクワク賃貸物件集

子どもの知的好奇心を育む家 in 文京区小石川 ~“親子の絆”をテーマにした商品を届け続ける「Have Some Fun!」が賃貸戸建て物件をプロデュース

「親子の絆」や「子どもへの想い」をテーマに、親子が笑顔になれるような“モノ”・“コト”をプロデュースしているブランド「Have Some Fun!」が「子どもの知的好奇心を育む家」をコンセプトにリノベーションした賃貸戸建て住宅をご紹介しました。 すべり台がついた秘密基地、三日月型ベッドがついた本棚など見所がいっぱい。 東京メトロ丸ノ内線「後楽園」が最寄り駅で、文京区小石川アドレスも魅力的です。 子育てやお子様の進学のための環境が充実している物件ですので、是非ご一読ください。

コレクティブハウスの暮らし

コレクティブハウスで展開されるエコリサイクルPart1~居住者間の譲受と貸借

「コレクティブハウスの暮らし」Vol.021ではコレクティブハウス内で行われている居住者間でのエコリサイクルについてご紹介しています。不要になった物を譲り受けたり、たまにしか使わない物を貸し借りしたりする仕組みがコレクティブハウスにはあります。是非ご一読ください。

ワクワク賃貸妄想中

「暗い部屋」をつくる

半地下で明るいとはお世辞にも言えなかった1階の部屋を、徹底的に暗くリノベーションしてみた事例をご紹介しています。「暗い部屋が好き」という方に是非見ていただきたいリノベ事例です。

 

人気の記事

菓子製造許可が取れる賃貸住宅

東武東上線「ときわ台」駅にあるマンションの1階ミニ店舗を「菓子製造許可が取れるスペース」に新装中!

普通の飲食店舗と菓子製造業はアンマッチ?本コーナーは「菓子製造許可が取れる賃貸“住宅”」と銘打っていますが、「住まいは一緒でなくても構いません」「むしろ住まいとは別のほうがありがたい」という方も大勢いらっしゃると思います…

世界のワクワク住宅

情熱の青い家〜画家フリーダ・カーロが生きた<カサ・アズール>〜メキシコシティ、コヨアカン地区(メキシコ)〜

フリーダ・カーロの生家で終の棲家ともなった家「カサ・アズール」をご紹介しました。目の覚めるようなコバルトブルーの外壁、神殿のような中庭、カーロのアトリエなどを写真とともに紹介しています。是非ご一読ください。

アトリエ賃貸推進プロジェクト

区画内を自由にアレンジでき、運営方法はメンバーが話し合って決めるシェアアトリエ『AKAI Factory』

「アトリエ賃貸推進プロジェクト」連載第12回では埼玉県飯能市にあるシェアアトリエを取材させていただきました。運営者はアーティストではありませんが、ものづくりをしている方たちに強く敬意を抱いておられ、運営ルールづくりなどは利用される作家さんたちと定例ミーティングを開いて決めています。シェアアトリエ運営のひとつの理想を見たように感じました。是非ご一読ください。

ワクワク賃貸物件集

“空中庭園”のようなスペースにつくられた「シェアキッチン付きコミュニティルーム」を活用できる賃貸マンション

「そらには」と名付けられた「シェアキッチン付きコミュニティルーム」のある賃貸マンションを紹介しています。高台にあるマンションの9階につくられた「そらには」は入居者さんと一緒にイベントを楽しむためのスペースです。是非ご一読ください。

世界のワクワク住宅

「夢の入口」世界的建築家が各フロアをデザインしたホテル 〜マドリッド(スペイン)〜

スペインにある「ホテル・プエルタ・アメリカ」は著名な建築家が各フロアを設計したことで有名です。このホテルを詳しく紹介しました。

ワクワク賃貸物件集

憧れの “自宅アトリエ” や “リアル店舗オープン” が実現できる!~セカンドリビングのようなコモンスペース&コモンデッキに地元の人も集う賃貸住宅

コモンスペースとコモンデッキをセカンドリビングのように使える、アトリエスペース付の賃貸住宅をご紹介します。アトリエは店舗として智用することも可能。自分の”好き”を街の人たちに発信し、交流を楽しむ暮らしを提案しています。

入居者インタビュー

桜の匂いとメキシカンハンモックにつつまれて、コロナ禍で長くなった“家時間”をゆったり楽しむ賃貸ライフ

メキシカンハンモックにゆられながら、満開の桜を眺めて暮らせる賃貸マンションの入居者インタビューです。 新型コロナウイルス禍のなか、”家時間”がとても長くなったことを受け、お部屋でゆったり楽しみながら暮らせる賃貸住宅を探しておられる方が増えています。そうした方に是非ご一読いただきたいです。

ワクワク賃貸研究所

タバコどころじゃなくシガーまでも思いっきり吸える賃貸住宅の研究

「こんな賃貸住宅があったら楽しいな」というアイディアの実現性をリサーチするワクワク賃貸研究所。今回のテーマは「シガーが吸える賃貸住宅」。店舗やオフィス仲介の専門家に取材し、タバコどころかシガーまで吸えてしまう賃貸住宅がつくれるか調べました。

Copyright© 楽しいコンセプトのある賃貸住宅を紹介するウェブマガジン|ワクワク賃貸®︎ , 2022 All Rights Reserved.