毎日ワクワク、楽しみながら暮らせる賃貸住宅を紹介するウェブマガジン『ワクワク賃貸 .com』※「ワクワク賃貸」は商標登録出願中

お姫様ベッドがある部屋《ワクワク賃貸妄想中》

〈Vol.008〉

「こんな賃貸住宅があったら楽しいな、というアイディアはないですか?」

ここ数年、会う人ごとにそう訊ねるのが習慣になってきた。

「早くもアイディアに詰まってるんじゃない?」
なんて物騒な(?)声が聞こえてきそうだが、さにあらず。
本当にさにあらず。
絶対にさにあらず(ああ、否定すれば否定するほど認めているように聞こえてしまうのが不思議だ)。

とにかく僕はそう聞き回っているのである。

しばらく前、ある仲介業者の社長さんとランチをしているときにも同じ質問をした。
この会社はお客様を女性に限定し、女性目線で見て良い賃貸物件だけを紹介している(社長ももちろん女性)。

そのとき、伺ったアイディアが今回の妄想、「お姫様ベッドがある部屋」だ。

「お姫様ベッド」とは、西洋のお姫様が宮殿の寝室で使っているベッドのことで、イラストのようなイメージ。
天蓋があって、四方に柱があって、フワフワのレースが柱にとりつけられている。
ベッドはキングサイズ(クイーンサイズというべきか)で、豊かな装飾が施されていて、とにかくゴージャス。

「そんなベッドのある部屋があったら、住んでみたいですね」
そう言って、女性社長はクスっと笑った。

これはもう、野郎には出てこない発想だ。
質問してよかったと心から思える瞬間である。

自分にはないアイディアを示され、興奮した僕は、

「天蓋があるとすると、部屋の天井はけっこうな高さが必要ですね」

「狭い部屋にお姫様ベッドがあると、かえって貧相な感じになるから、やっぱ10畳以上は必要でしょう」

「部屋の内装もお姫様の部屋にふさわしく、キュートでゴージャスにしないと!」

「マンションは女性限定にすべきかな? ああでも、お姫様ベッドが好きな男性もいるだろうから、対象から外したらいけないな」

「キッチンなど生活臭がするところは部屋から一切見えなくして、完全にお姫様の世界に浸れるようにしたほうがいいですか?」

・・・などと、食事もそこそこに夢中になってしゃべってしまった。

考えてみたら、その女性社長とはそれ以降一度も会っていない。
きっとあきれられてしまったのだろう(^-^;

しかし、素晴らしいアイディアをゲットできたのは何より幸い。

繰り返しになるが、こういう発想は男の僕には絶対に出てこない自信がある。

考えてみたら、男女の別だけでなく、年齢や趣味などにより、ワクワクするポイントは異なるし、数もおそらく無限にあるはず。
無限なのにアイディアに詰まってしまうのは何故なのだろう? (あ、認めてしまった・・・)。

そんな僕を気の毒に思い、楽しいアイディアを考えてくださる方がおられたら、当ウェブマガジンには「読者の声」というコーナーがあり、そこで「こんな物件があったら楽しいな♪ 読者の妄想」を募集しているので、ぜひ助けていただきたいです。

そのアイディアが「ワクワク賃貸研究所」での調査・研究を経て、オーナーに提案され、実現したら、きっと面白いと思います。
実現できそうか、できなさそうかは二の次。妄想なしに新しい発明はありません。
ユニークなアイディアを心よりお待ち申し上げます<(_ _)>

文責:久保田大介

イラスト:コミック堂