ワクワクわくわく、楽しいコンセプトのある賃貸住宅を紹介するウェブマガジン『ワクワク賃貸®』

ワクワク賃貸®︎

《 ワクワク賃貸妄想中 》

ワクワク賃貸物件を一緒につくりましょう!

投稿日:

新コーナー「アクアハウス・プロジェクト」を立ち上げた理由

当ウェブマガジンでは、7月4日に「アクアハウス・プロジェクト」という新コーナーを立ち上げました。

このプロジェクトはMASAさんというオーナーが、熱帯魚好きの方がアクアリウムを、爬虫類好きの方がテラリウムをつくって大いに楽しんでいただくための賃貸住宅=「アクアハウス」を次々とプロデュースしていこう、という企画です。

ワクワク賃貸®ではこのプロジェクトを読者の方に広く知っていただきたいとの考えから特別にコーナーを設け、MASAさん自身に進捗状況をレポートしていただくことにしました。

MASAさんにはアクアハウスをプロデュースしたいと考えた理由や新しいアクアハウスが出来上がっていく様子などを語っていっていただきます。

 

アイディア⇒リサーチ⇒プロデュースの過程をお伝えしていきます

当ウェブマガジンでは、すでに誕生しているワクワク賃貸物件(=楽しいコンセプトを持った賃貸物件)をご紹介してきましたが、今後はそれだけでなく、新しいワクワク賃貸物件が産まれていく過程を読者の皆様にレポートしていきたいと考えています。

はじめに「ワクワク賃貸妄想中」や「ワクワク建築家・牧野直子のアイディア」で「こんな賃貸物件があったら楽しいだろうな」というアイディアをご紹介し、その中のいくつかを「ワクワク賃貸研究所」でリサーチし、自信のある企画を不動産オーナーに提案します。

提案が採用され、建設段階に移りましたら、その進捗状況をレポートします。

また、私が経営する別会社「合同会社コンセプトエール」では、個性あふれるコンセプトを持った賃貸住宅をプロデュースしたいオーナーに対し、つくり方・貸し方・管理の仕方をコンサルティングしていますが、その結果、オーナーが新しい物件をつくることが決まりましたら、同様に進捗状況を読者の皆様にお伝えしたいと思います(アクアハウス・プロジェクトはこのケースです)。

この2つの流れの結果、完成した物件は「ワクワク賃貸物件集」で詳しくご紹介するほか、「空室情報」で入居者募集も行います。

そして入居者さんが決まり、そこでの生活が始まったら「入居者インタビュー」でその生の声をお伝えします。

 

つくる過程を知る

つまり、アイディアが浮かんだ段階から建設⇒完成⇒入居者募集⇒ご入居の段階までを通してレポートすることで、読者の皆様に「ああ、こんなふうにしてワクワク賃貸物件は産まれるのだな」ということをお伝えし、追体験していただくことを当ウェブマガジンのひとつの特徴としたいと考えています。

そしてまた、ひとつひとつの段階をお伝えすることで、読者の皆様には、オーナーがどんな想いからこの物件をつくろうと思ったのかとか、どんな人たちが企画やプランづくり、建設に関わっているのか、などといったことを知っていただきたいと思います。

通常、借りる部屋を探すときは、出来上がった状態を見て判断するだけで、その裏に秘められている想いや、関わっている人たちの姿は見えてきません。

しかし、ワクワク賃貸®でレポートしたものは記事としていつまでも残るので、物件が出来上がるまでの経緯は完成後何年経っても知っていただくことができます。

どれだけ年月が経っても「つくり手の顔が見える物件」であり続けるというわけで、それは未来の入居者さんにとっても大きな安心につながるのではないでしょうか?

 

読者の皆様が企画に参加できる仕組みづくりを検討しています

さらに、ワクワク賃貸®を通してやってみたいことが私にはあります。

それは「読者の皆様にワクワク賃貸物件づくりの仲間に加わっていただく」ということです。

「こんな賃貸住宅があったら嬉しいな」というアイディアを寄せていただくことはすでに始めていますが、それとは別に、新しいコンセプト型賃貸物件づくりが具体的に始まったらFacebookページなどでコミュニティーをつくり、有志の方には企画にも加わっていただけないだろうかと考えています。

「もっとこんな設備(サービス)を加えたらいいんじゃないだろうか?」、「自分でも試してみた経験があるが、このポイントでつまずいたので注意したほうがいいですよ」などと言った声を寄せていただき、ああでもない、こうでもない、と言い合いながら一緒に物件をつくっていっていただけたら、どんなにか面白いだろうと思うのです。

読者の皆様にとっても、自分の意見が反映された物件ができあがっていく様を見るのは楽しいことだと思いますし、気に入ったら完成前に入居申込みをして物件を押さえてしまうなんてこともできるかもしれません。

つくり手の顔が見えるだけでも安心なのに、自分自身がつくり手の一人である物件だなんて素敵じゃないでしょうか?

 

さあ、一緒につくりましょう!

そうは言っても現時点では、まだ具体的な仕組みはありません。

読者の方々に参加していただいて完成したワクワク賃貸物件もありません。

このコラムのタイトルは「ワクワク賃貸妄想中」といいますが、まさに私の「妄想」としか言えないような段階です。

けれど、どんな商品だってサービスだって、はじめはひとりの人間の「妄想」から始まるのです。

「こんな商品(サービス)があったらいいな」、「こんなふうにつくっていけたら楽しいな」と夢見るところからスタートして、それを少しずつ現実のものにしていき、やがて人気の商品(サービス)になる・・・そういうものだと思うのです。

私は自分の「妄想」を実現させていくために、このワクワク賃貸®の編集を始めました。

それがはじめの一歩です。

そして私の「妄想」を皆様にお伝えする機会をこうして得ることができました。

それもまた小さな歩みのひとつです。

今回は「アクアハウス・プロジェクト」というコーナーを立ち上げましたが、ここではコミュニティーづくりにも着手したいと思っています(オーナーがいることゆえ、自分の思い通りになるかどうかはわかりませんが)。

そんなふうにして、ひとつひとつのステップを着実に踏んでいきたいと思っています。

「一緒にワクワク賃貸物件をつくる」という私の「妄想」にもし共感していただけたなら、どこかのタイミングでどうか仲間に加わってください。

掲げたコンセプトとご自身の好きな世界がマッチしたときでもいいですし、コンセプト型賃貸物件をつくるということ自体に関心を持っていただけるなら、どのコンセプトであっても仲間に加わっていただきたいです。

そんな状況が生まれることを考えるだけでもワクワクしてきます。

一日も早く、この「妄想」を実現させたいです。

※追記:トップの画像は、現在、南青山で新築中の新しいワクワク賃貸物件の工事現場です。12月中旬に完成予定で、詳細は後日発表します。どうぞお楽しみに!

執筆:久保田大介

  • この記事を書いた人

久保田 大介

『ワクワク賃貸®』編集長。合同会社コンセプトエール・代表社員。有限会社PM工房社・代表取締役。 個性的なコンセプトを持った賃貸物件の新築やリノベーションのコンサルティングを柱に事業を展開している。 2018年1月より本ウェブマガジンの発行を開始。 夢はオーナーさん、入居者さん、管理会社のスタッフさんたちがしあわせな気持ちで関わっていけるコンセプト型賃貸物件を日本中にたくさん誕生させていくこと。

-ワク賃妄想中

Copyright© ワクワク賃貸®︎ , 2019 All Rights Reserved.